「人間にできてAIにできないこと」がこの本を読んでやっと分かった


新井紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』で著者は、巷間に流布しているAI(人工知能)が神になる、AIが人類を滅ぼす、AIが自らの力で人間の知能を超える能力を持つシンギュラリティ(技術的特異点)が来るという言説は、すべて誤りであると退ける。その理由は以下の通りだ。

サイト名: 現代ビジネス

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する