2020年、子どもの「学力格差」はこんなに広がっているかも


2020年の教育改革の目玉であるアクティブラーニング。希望や期待ばかりが語られるなか、問題は本当にないのだろう?とある授業風景の一コマから、子ども、親、教師、それぞれの課題と問題点と「アクティブラーニング」に関する不安を『〈お受験〉の歴史学』の著者小針誠氏が論じた。

サイト名: 現代ビジネス

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する