米国人の多くが人工知能の普及で仕事が奪われると考えている

taraiok曰く、アメリカ人の大半は人工知能によって仕事が奪われると考えているそうだ(THE VERGE、Slashdot)。
調査によると、アメリカ成人のほぼ4分の3(73%)が、人工知能によって生み出される雇用よりも減る雇用のほうが多いと考えているという。また、4分の1未満(23%)は、自動化が個人的に影響を与えることを「心配」または「非常に心配」しているという。ただ、この傾向は教育のレベルによって変わってくるそうで、4年制大学の出身者に聞いたところ、人工知能に仕事を奪われると考えている人は28%。学士号を持っている人では15%にまで減るという。
いっぽう、人工知能を利用したアプリや製品としては道案内(ナビゲーション)アプリや動画・音楽ストリーミングサービス、スマートフォンのパーソナルアシスタント、ライドシェアアプリ、家庭用パーソナルアシスタント、スマートホームデバイスなどがあるが、アメリカ人の85%がこれらの少なくとも1つを使っているという(ギャラップ)。
これによると、ナビゲーションアプリを利用していると答えたのは84%で、ストリーミングサービスの利用者は72%。スマートフォンのパーソナルアシスタント利用者は47%だそうだ。 すべて読む | ビジネス | 人工知能 | アメリカ合衆国 | 関連ストーリー: 米国の労働者は英国に比べるとロボットに仕事を奪われやすい? 2017年03月31日 AIに仕事を奪われないためには「脳とコンピューターの直結」が必要? 2017年02月17日 「人工知能に期待する」が過半数という調査結果 2016年06月08日 アメリカ人は人工知能を信用していない 2016年06月02日

サイト名: スラド

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する