アスカネットはVRCと資本業務提携を行うことを決議

■ASKA3Dプレートと融合することで、3Dデータの空中結像が可能 アスカネット<2438>(東マ)は19日、VRCと資本業務提携を行うことを決議した。 VRCは2016年設立で、超高速3Dデータ処理技術をコア技術として、全身高速3Dスキャナーおよび3Dデータ処理システムの開発、製造、販売を行っているベンチャー企業。VRCが開発している3Dスキャナーは、数秒で全身をスキャニングし、2分程度で高精細な立体画像データを生成できる。 VRCは画像処理や機械学習(ディープラーニング等..

サイト名: 日本インタビュ新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する