ブロックチェーンが、社会から置き去りにされた「記録なき人々」の身分証明になる


ブロックチェーンの技術を、難民やホームレスなど身分証明をもたない社会的弱者の信用強化に活用する試みが始まった。「取引を簡単に記録でき、書き換えしにくい」という特徴は、一夜で富を築くためではなく、公平な社会を実現する仕組みとして、さまざまな分野で応用が期待されている。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する