電通、日本語AIサービス「Kiku-Hana」を開発 言葉の意味の解析に強み


電通は、AI活用を社内外で推進する統括プロジェクト「AI MIRAI」の一環として、企業による質疑応答型の顧客対応を自動化・高度化する日本語AIの自然対話サービス「Kiku-Hana(キクハナ)」を開発し、3月22日より提供を開始した。同サービスでは、自然言語解析や理解、推論などに最適な論理型プログ

サイト名: MarkeZine

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する