大阪市大がAI活用した乳がんの画像診断システム開発


大阪市立大学が、AI(人工知能)技術を活用した乳がんの画像診断システムの開発に取り組んでいる。ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる関連技術を用いて同大学が所有する約3万点に及ぶ乳がんの診断画像を解析し、現時点で90%程度の診断精度を獲得するまでになったという。13日に横浜市内で開かれる日本医学放

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する