OSSのTensorFlowを使って深層学習モデルを開発しよう! 『現場で使える!TensorFlow開発入門』発売


機械学習や深層学習を用いた人工知能の開発現場では、Pythonのライブラリがよく使われています。その中でもGoogleがOSSとしてリリースしたTensorFlowはメリットが多く、企業でも非常によく利用されています。翔泳社では深層学習モデルを開発してみたい方のために、『現場で使える!TensorFlow開発入門』を4月19日に発売します。

サイト名: CodeZine

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する