NSW、製造業向けに故障予測や異常検知をAIで行うサービスを提供

日本システムウエア(NSW)は5月8日、製造業向け予知保全サービス「Toami Analytics for 予知保全」の提供を開始した。AI(人工知能)を利用した故障予測により、メンテナンスの最適化を支援する。  本サービスでは、正常な状態と異なる振る舞いの検知や、状態変化パターンによる故障箇所の予測を、ディープラーニング(深層学習)を活用して行える。具体的には、いつもの正常なデータからどれだけ懸け離れているかを数値化でき、装置に変化が起きた際にすぐに検知できる。また、過去の故障事例を基に、発生した現象に近い事例を特定し、故障箇所を予測することが可能だ。これらにより、従来型の予知保全と比べ…>>続きを読む

サイト名: キーマンズネット

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する