GoogleのAI電話「Duplex」、ボットであることを相手に知らせる機能を搭載

 
Googleが開発者会議I/O 2018で披露した、人工知能(AI)による会話機能「Google Duplex」は、そのあまりにも自然な会話ゆえに、ボットだとわからないことが大きな話題となりました。その反面、人間ではないことを相手に知らせずに会話するのは公平ではないとの意見も上がっており、機能がどのように実装されるのかに注目が集まっています。
人間でないと見分けられる機能の導入を約束
Googleの最高経営責任者(CEO)のサンダー・ピチャイ氏が華々しく披露した、AIによる会話機能「Duplex」のデモは、その話し方が自然でまるで人間のようだと称賛を受けました。
 
開発者会議I/O 2018では、Duplexが実際に美容室とレストランに電話をかけ、予約を成功させる会話の録音が再生され、場内からは歓声が上がりました。
 
しかし、その会話技術の精度の高さが評価される一方、ボットであることを相手に知らせることなく電話での会話を開始したデモの在り方に疑問を唱える声も上がっているようです。
 
「Google Duplexに関する議論を理解し、価値を認めている」とGoogleは語っており、「(ボットであることを知らせる)打ち明け機能をデザインしている最中であり、システムが正しく見分けられるようにする」と、米メディアCNETに対してコメントしています。
 
 
Source:CNET
(lexi)

サイト名: iPhone Mania

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する