阪大、「高分子太陽電池」の材料をAIで性能予測(ニュース)


大阪大学は5月8日、次世代太陽電池として期待される高分子太陽電池の高分子材料設計において、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて性能予測・選別する手法を開発したと発表した。手作業で収集した1200個の実験データを基に、AIの機械学習で高分子材料を一瞬で選別し、性能を予測できるという。 高分子とフラーレン誘導体を溶剤に溶かして混合膜を形成する「高分子フラーレン太陽電池」は、主に高分子材料の開発により…

サイト名: メガソーラービジネス

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する