富士通・レノボ、データ解析機器 「脱パソコン」急ぐ

富士通と中国レノボ・グループが共同出資するパソコン事業会社は16日、人の表情や動きなど動画を解析する機器を開発したと発表した。国内のパソコン市場が縮小するなか、AI(人工知能)を活用したデータ解析などに力を入れ、収益のてこ入れを図る。試験開発した機器はカメラで撮影した動画をAIで解析。人の表情や動き

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する