認知症診断で提携、ERISAと滋賀医科大

データ統計・分析のERISA(松江市)は認知症の診断に関して、滋賀医科大学と提携したと発表した。同大学は認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)から、認知症への進行を予測するプログラムを開発している。ERISAは同プログラムの全世界での独占的使用権を同大学から取得し、医療分野での事業化を目指す。

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する