VRの普及を阻む障壁は、「テーマパーク」で乗り超えられるかもしれない


「VRの時代が来る」と言われてはや数年、ヘッドセットが高額であることやセットアップの難しさなどがハードルになり、市場はまだニッチなままだ。そんな事情を反映して、中国を中心としたアジアでは「VRテーマパーク」が注目されている。その可能性と、体験型施設が抱える課題とは。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する