異なる機能の物流ロボをAIが一体制御 日立が新システム開発、ネット通販拡大で商機


日立製作所は28日、異なる機能を持つ複数の物流ロボットを効率的に動かす制御システムを開発したと発表した。品物を運ぶロボと仕分けするロボを人工知能(AI)で一体的に制御し、荷分け作業の時間を38%短縮することに成功。ネット通販の拡大や物流業界の人手不足を商機とみて、電機各社が自動化の取り組みを加速させ

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する