DSPはどこまでプログラマブルになるのか-AppNexus Adoni Ioannou氏 [インタビュー]


グローバル大手のAppNexusが「業界初のプログラマブルDSP」と謳う「AppNexus Programmable Platform(APP)」をリリースした。旧来のDSPとの違いは一体どこにあるのか。AppNexus JapanのDirector of Strategic Marketsを務めるAdoni Ioannou氏に話を聞いた。
(聞き手:ExchangeWire Japan 長野雅俊)
― APPの概要についてお聞かせください。
APPは当社が開発した次世代DSPです。オンライン広告枠の買い付けを行う広告会社が自社サービスを差別化すると同時に、各広告主の目的に沿ったカスタマイズができるという点に旧来のDSPとの違いがあります。またブランディングやダイレクト・レスポンス型のキャンペーン向けのターゲティングや最適化を目的とした高度な機械学習機能を有しています。
― 具体的にはどのような機能が含まれているのでしょうか。
APPを通じて様々な機能を利用することができます。利用者はAPI連携を通じて、またはAPPのユーザーインターフェースから諸々の機能を組み合わせた独自のソリューションを構築できるというのが特徴です。APPを通じて提供している機能には、Augmented Line Items(ALI、キャンペーン設定を行うユーザーインターフェース)、AppNexus Programmable Bidder (自社保有データと連携させる仕組み)、Programmable Splits(KPIを達成するために手動設定と自動設定の切り替えなどを行う調整機能)などが含まれます。またデータ・サイエンス部門を設けている広告会社であれば、この仕組みを通じて自社独自の最適化アルゴリズムを構築することもできます。
―「業界初のプログラマブルDSP」とのことですが、広告会社はどのような作業を自動化できるのですか。
オンライン広告取引に関連した反復作業を自動化することができます。例えば、広告会社の担当者が毎朝行っているような異なる広告手法に応じた広告予算の配分、レポートの抽出、パフォーマンスが芳しくない媒体のドメインの削除、一つのラインアイテム(個別の広告と各々の関連条件)が1日かけて均等に広告予算を消化するための調整、ビューアビリティー率を鑑みた上での入札価格の

サイト名: Exchangewire Japan

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する