中間管理職の存在意義が問われる 社員は「ソルジャー」か専門家に


オフィスで人工知能(AI)の活用が当たり前になると、人の働き方が劇変する。承認の仕事が中心の中間管理職は存在意義が問われる。一般社員はAIができないタスクを担う「ソルジャー」か専門家かの選択を迫られる。

サイト名: 日経xTECH

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する