パナソニック、AI活用など3新事業 25年度売上高500億円目標

パナソニックは13日、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)を使い立ち上げた3つの新事業で2025年度に売上高500億円を目指す方針を明らかにした。具体的には、画像とAIを組み合わせたサービスと、家電で集めた生活情報を健康維持などに役立てるサービス、企業のデータを効率的に保管するサービスの

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する