AIアクセラレーター第4期採択企業のプログラム終了後の声を生のままお届け

AINOW編集部です。今回は、日本初のAI特化型アクセラレータープログラム「AI.Accelerator」第4期生(2018年3月〜18年5月)採択企業のプログラム終了後の感想を生のままお届けします。どうなることやら…メンター陣ドキドキです…いいこともわるいことも、全部書いてもらいました。(編集:こばやし)

言った本人困っちゃうかもしれないので匿名で参りますが、ホントのところは採択企業に直接聞いちゃってください!採択企業はこちらからどうぞ。
AIアクセラレーター第4期(2018年3月〜2018年5月)採択企業

アクセラ長より
無編集で行きます!改善できるところはこの場で決めます!

では参ります。

プログラムの満足度

まずは、満足度から。3か月どうだったでしょうか?

進藤さんが、人材領域について、現場感の泥臭いところもプロダクト・マーケティングなども幅広く知見をもっていて、具体的な打ち手とかやってはだめなことなど意見がもらえて有益でした。

人材含め事業は失敗も成功もたくさんやってきました!

相談しやすい関係であり、なんでも暖かく迎えて頂いたため

メンタリングは気持ちのメンタリングも大事。

プログラム開始当初まだプロダクトができていない状態でしたので、具体的なお願いや相談があまりできませんでしたが、プログラムの目標である資金調達にかなり近づけた。

目標は各社様々ですが、ゴールに近づけて何よりです。

特にないため、期待もしてなかったため

貢献できなかったチームもありましたね…申し訳ない。

純粋に話しやすい。

話しやすい系アクセラレーターです!

デモデーに向けての目標設定ができ、そこから逆算して計画を策定することができた。また顧客を紹介頂けた。

デモデイの締切効果は意外と侮れないですよね。

郡さんと進藤さんのコンビネーションが良かった。意見を押し付けるわけでもなく、適切に必要なプロセスを示して頂けたと思います。資金調達については助言は、利益が対峙する可能性もありますが、そのような場面でも我々利益になるかという目線でお話頂けました。

寄り添い系お笑いコンビとして確立してきた感があるのではないでしょうか。

当初目標としていたマイルストーンはクリアできませんでしたが、新たな展開を生むことができたため

終了後でも達成できるように推します!

上からじゃなくて横目線で相談に乗ってくれた

上じゃないですからね。横です。

進藤さんと郡さんから、プロダクトの機能・デザインから、ヒアリング先紹介や、キャッチコピー作成、営業先選定、メール文面作成などなど、何でも素早く本質的なアドバイスを頂けたからです。例えばユーザーの課題感とかすごく参考になりました!

事業経験チームならではの強みになっておりますね!

他のコーポレートアクセラレーターでは、自社の社員の育成が目的であったりして、メンターに事業経験のない人をアサインしたり、メンターが多くメンター間での助言の整合性がとれないままスタートアップにコメントするため、その調整業務が生じた。AIアクセラレーターではメンターは最後まで郡さんと進藤さんだったので、そのようなこともなかった。

まぁ2人しかいませんしね…w

アクセラ長より
当事者として伴走して、事業経験から現実施策を伝えるスタイルはよかったようですね。

プログラムの中でうれしかったこと

3か月、辛い事も楽しいこともありましたね。ぜひうれしかったことを教えてください。

進藤さんが、人材領域について、現場感の泥臭いところもプロダクト・マーケティングなども幅広く知見をもっていて、具体的な打ち手とかやってはだめなことなど意見がもらえて有益でした。
またテクノロジーで解決すべきところといったんはマンパワーで解決すべきことのバランス感も好きでした!
人の紹介もしてもらえてとても助かりました。

一応専門だし!

人材系サービスのビジネスモデルに関して、費用感などクローズドな情報も含めてアドバイス頂いたところ

ぼくら自身がBtoBスタートアップな部分もあるので苦しい部分もよくわかりました。

プロダクトの狙いをよく理解していいただけたこと。そのうえで、営業の方法を一緒に考えていただけたこと。

プロダクトのお客さんを見つける事が第一歩ですから。

プロダクトのコンセプトをいつも肯定的に評価してもらえたことは嬉しかったです。あとややネガティブな気持ちをコメントしたようなタイミングでも、状況が改善するように協力頂けたこともよかったです。

壁打ちの壁があるだけで全然変わってくるんですよね。

他のスタートアップと繋いでいただいたこと

3期の反省を活かして、横のつながりを徐々に作っていきたいなと。

一番初めのメンタリングの際に、インタビュー記事を書いてもらって、ディップの社長に投資検討の面談をして頂いたこと、そして進藤さんと郡さんとカジュアルな面談が出来たので、精神的な助けになりました!

インタビューも投資面談もメンタリングもカジュアルにやります。

ピボットを強力に後押しいただき、公開とトライアルユーザー獲得までいけたこと。

いやー・・・よかったですなぁ・・・

アクセラ長より
営業支援アクセラみたいだけど、実際は技術支援もPR支援もしてるからね!

もっとこれがあれば、改善すべきポイントなど、ご自由にお書きください。

至らぬこともあったでしょう…ぜひ改善すべき点を教えてください。

(SaaSに強い弁護士、トップ技術者、PRプランナーなど)専門家への相談の機会も用意してもらえるとかなり心強いと思います!

事業をとにかく伸ばすというところにフォーカスをしたプログラムでとても有意義だったが、一方で、機械学習・深層学習をどうすれば深めていけるか、どのように組み込めば事業を変えていけるかというところについてはややこのプログラムの中では進みきらなかった部分もあり。
一方で人工知能を主戦場とする「支援者」の方々との接点をプログラム中にデモデイ以外でも作ってもらったり、
事業の話はせず、あえてその観点だけからみていくメンタリングデイとかもあっていいのかもとおもいました。

たしかに。いるんだけどな紹介しきれなかったなぁ…これから紹介しましょう。

比較的営業やマーケティング寄りの助言になることが多かったが、各企業が抱えている言語化されていない課題もあぶり出してもらえると更によいと思いました。

そうだなぁ。何か考えます。「課題あぶり出し」テーマをいただきました。

進藤さんと郡さんの役割分担がもっとあると良かったかもしれません。
AI アクセラレーターなので AI 勉強会的なものがあると良かったかもしれません。他の支援者との接点もあったら良かったです。

なるほど、支援の引き出し、型を増やしていかないとですね。

タダで色々やっていただいた上で言うのも憚られますが、強いて言えば、ディップさんでwifi使えると有難いです。

でた!wifi。ルータ買おうかしら。

アクセラ長より
支援の引き出しと型。いいですね、伸び代ですねぇ!改善点がたくさんです。やりましょう。

編集後記

いかがだったでしょうか。ちょっと辛辣なコメント言いにくかったかな。ともあれ、採択企業に負けないようにアクセラチームも成長していきますので、お気軽に改善点など、参加者、関係者、応募者の方はお寄せください!

アクセラ長より

常時募集中

毎期多数のスタートアップ様を泣く泣くお断りすることになってしまっていますがなるべく多くのAIベンチャーを生み出していくべく常時募集をしてますので、こちらよりぜひご応募ください!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

関連リンク

「AI.Accelerator」サイト
「AI.Accelerator」第1期(2017年6月〜9月)採択企業
「AI.Accelerator」第1期キックオフの模様
「AI.Accelerator」第1期デモデイ参加者の感想レポート
「AI.Accelerator」第1期採択企業のプログラム終了後の声を生のままお届け

<採択企業への取材、本取組に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ>
ディップ株式会社 AI.Accelerator担当 e-mail: ainow@dip-net.co.jp

<本取組に関する記事用素材はこちらからお気軽にどうぞ>
プレスセンター

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する