三八五物流グループ、ドローンスクール開校 技術者育て地域貢献


三八五流通グループ(泉山元・会長、青森県八戸市)は、ドローン(小型無人機)の操縦士を育成するスクール、ドローンビジネスカレッジ三八五青森校をオープンさせた。日本UAS産業振興協議会(JUIDA、鈴木真二理事長)の認定スクールとして、三八五流通グループの自動車教習所である三八五オートスクール八戸校の施設を使用。まずは、7月28~30日の短期集中コースからスタートし、9月以降も自動車教習の休業日を充て、順次開講する予定だ。 2日の開校式で、泉山会長が橋やトンネル、高速道路などのインフラ点検と測量分野でのドローン活用に期待を込め、「地元で技術者を育てることが重要で、その手伝いをするのが我々の役割。地域社会への貢献に努めていきたい」と強調した。ドローンによるテープカットが行われた後、デモンストレーション飛行を披露。150メートル上空から八戸市内の様子を360度モニターに映し出して見せたり、AI(人工知能)搭載機で上空からアナウンスを流す実演も行われた。 講習では、座学と実技、検定の計20時間を実施。教習所を会場としたため、広い敷地を使って実技ができるほか、座学は最適な設備がそろった教室を使える。講師は、自動車教習所の指導員が担当する。(今松大)【写真=ドローンがテープカット】

サイト名: 物流ニッポン

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する