【ニュースの深層】「AI診断」がん見落としの切り札に? 技術の高度化が生み出した病院の“死角”


画像診断による病変の見落としが続発している。その背景には、医師が処理すべき情報量が著しく増加し、担当医の目が行き届かないことがある。国も再発防止に向けて動き出している一方で、人工知能(AI)による診断の開発も進み、医療の新たな課題に挑んでいる。■検診420万人東京都杉並区では、40代の女性が肺がん検

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する