日本ディープラーニング協会が「ディープラーニングよろず相談会」を開催 -理事にディープラーニングの悩みを相談するチャンス!-

日本ディープラーニング協会(JDLA)が、NVIDIA主催の「GTC Japan 2018」にて「ディープラーニングよろず相談会」を開催することを発表しました。

JDLAの正会員企業であるNVIDIAが主催する「GTC Japan 2018」にて、ディープラーニングの導入・活用に関するさまざまな悩みをディープラーニングに精通したJDLAの理事が無料でヒアリングし、助言する会です。

ディープラーニングの産業活用促進はJDLAの主要な活動の一つであり、活動を通して分野特有の技術課題や法的課題などを整理し、解決を目指しています。

ディープラーニングの産業活用を促進するためにはディープラーニングの導入・活用に試行錯誤している企業や開発者への積極的なヒアリングが必要不可欠です。今回開催する相談室はその活動の一環だといいます。

ディープラーニングの導入や活用の課題に直面している企業のみなさんはぜひ応募してみてください。

▼JDLAについて詳しくはこちら

日本ディープラーニング協会(JDLA)

開催概要

  • 開催日時:9月13日(木)12:00~17:00 / 9月14日(金)10:00~17:00
  • 開催場所:NVIDIA合同会社主催「GTC Japan 2018」会場内

(グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール ※詳細は当選者に別途ご連絡)

  • 開催時間:応募者/グループ1件あたり20分以内
  • 応募条件:どなたでも応募可(※多数の応募があった場合はJDLA内で選定)
  • 応募費 :無料 ※当選者はGTC Japanへの登録(有料)が必要

募集対象

具体的に以下のような悩みを抱えている方を対象としています。

  • ディープラーニングを導入したいけれども何から着手すべきかわからない
  • どうすれば自社の利益へつなげられるのかが分からない
  • 思ったようにプロジェクトが進まない
  • 自社の課題解決を依頼すべきベンダーや開発会社がわからない
  • どのように自社の人材を育成すればよいのかわからない
  • 起業を考えているが障壁が多い

当日の参加理事(予定 ※50音順)

以下の理事の中から1名が相談に応じます。理事の指名はできません。

  • 尾形哲也氏 (早稲田大学基幹理工学部表現工学科 教授)
  • 川上登福氏 (株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス 代表取締役CEO)
  • 草野隆史氏 (株式会社ブレインパッド 代表取締役会長)
  • 佐藤聡氏  (connectome.design株式会社 代表取締役社長)
  • 南野充則氏 (株式会社FiNC 取締役CTO)

理事のみなさん(2018年7月4日に開催された第一期社員総会にて)

応募方法

事前応募式です。以下のフォームから応募が可能です。

  • 応募〆切:9月4日(火)
  • 結果発表:9月7日(金)※当選者にのみ、JDLA事務局より連絡

※注意事項

このお悩み相談室は、事業の成功を約束するものではありません。継続的なコンサルティングではなく、20分という限られた時間内で、解決策の糸口を模索するものです。

この相談室において、秘密保持契約(NDA)は締結しません。情報はJDLA内でのみ共有し、今後の活動に活用します。

JDLA関連記事

設立から1年!JDLAがディープラーニング利活用促進のためにやったすべてのこと【総会レポ】

「データがない / ノウハウがない / モチベがない」のないないづくし 現場にAIを導入するノウハウ -DLLAB DAY2018レポート-

データは石油だ! 大企業×スタートアップのデータ活用の可能性『AI・データの利用に関する契約ガイドライン』が策定

 

 

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する