バーチャルYouTuber「静谷 鳩」が無料でAIプログラミングを教えてくれる!100万回演習された学習ログをベースにつまづかない工夫も!

おざけんです。

AIプログラミング学習サービス「Aidemy」を運営する株式会社アイデミーがバーチャルYouTuber(VTuber)による機械学習の動画授業を無料配信すると発表しました。

バーチャルYouTuber授業の第一弾として「静かに罵倒してくれる女の子」としてLINEスタンプで話題になった静谷 鳩が講師を務めます。動画は「Python入門」「機械学習概論」「ディープラーニング基礎」の3講座で、平均4分程度の動画を全20本追加するといいます。

株式会社アイデミー CEOの石川聡彦さん(撮影 おざけん)

イメージ画像

なぜVtuberを起用!?

AidemyはPythonの基礎からディープラーニングまで、PCの環境構築なしで学習を始められるAIに特化したオンラインプログラミング学習サービスとして多くの受講生に機械学習についての学びを提供してきました。

これまでは、コードを書き、クイズに答えていく学習教材を配信していたAidemyですが、ユーザーの学習意欲と理解度をより向上させるため、VTuberを起用した動画授業を配信することにしたといいます。

これまで動画教育サービスには講師が属人化し、多言語展開が難しいという課題がありましたが、VTuberを起用することで、この課題を解消したいと考えてい るそうです。さらに、VTuberを起用した親しみやすいコンテンツにすることで、難解なイメージがある人工知能プログラミングの学習障壁を下げていくとしています。

動画授業について

Aidemyの現役エンジニアが授業を監修・作成した動画を使用します。100万回以上演習された当社の学習ログをベースに、ユーザーがつまずきやすい点を中心に制作されているので、初心者の方にもわかりやすいコンテンツとなっているといいます。

Aidemyのみなさん(撮影 おざけん)

また、ポリゴンマジック社のVTuber「静谷鳩」を起用することで、聞き取りやすい声と、表情豊かなキャラクターの反応により飽きない動画授業として、継続的な学習を支援します。

静谷 鳩とは

気はやさしいが、とにかく言葉が荒い女の子。一部業界ではご褒美とされる数々の罵詈雑言も、本人は至って真面目にアドバイスしてあげているつもりらしい…。2014年にLINEクリエーターズスタンプ『女の子が静かに罵倒』として登場し、3万DLを越える人気を博した。今回4年の沈黙を破り、Vtuberとして登場!

関連記事

HIP HOPでわかるネットワーク分析

【250件以上の人工知能関連サービスを紹介!】AI Service List

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する