SENSYのパーソナル人工知能がダイレクトマーケティングに応用 -SENSYとファインドスターが業務提携を発表-

感性を解析するパーソナル人工知能開発の SENSY 株式会社が、ダイレクトマーケティング支援事業の株式会社ファインドスターと業務提携し、カタログや DM の発送先の最適化を実現することで、カタログ通販会社の売上げ向上を目指した商品開発を共同で行うことを発表しました。

パーソナル人工知能× プリントメディア × ダイレクトマーケティングの相乗効果で新たなコミュニケーションの形が加納に

この業務提携により、ファインドスターが持つ「プリントメディア×ダイレクトマーケティング×IT」のノウハウに、SENSYの持つパーソナル人工知能の技術が相乗することで、DM、カタログなどのターゲティングに効果的に活用されるといいます。

これまで以上に広告媒体の価値を高め、売上向上へ寄与する研究開発を行うと同時に、正式サービスインに向け、共同で商品開発を行っていくという。具体的には、顧客購買データや属性データから、パーソナル人工知能技術のアルゴリズムを構築し、カタログ送付先の抽出やリピート購買予測、アイテム予測を行うそう。

また、将来的には発送先の最適化のみならず、カタログをパーソナライズすることによりカタログ通販会社の顧客のニーズに、より応える商品も開発していく予定だといいます。また、他業界における展開及び、DM、WEBなどチャンネルの拡大も予定しているそうです。

カタログの発行費用の高騰が背景に

昨今、郵送費の値上げに伴い、カタログ発行費用は上昇しています。カタログ発行に対する効果(≒売上)を通販会社はこれまで以上に求められる状況になっています。すべての顧客にカタログを出すのは非効率であり、よりターゲットを絞って送るのが効率的との考えから、自社でRFM分析をしたり、調査会社に依
頼して施策に取り組んでいる現状があります。

RMF分析:顧客の購買行動や購買履歴から、優良顧客のセグメンテーションなどを行う分析手法

しかし、その分析方法が属人的だったり、データ抽出に時間と労力がかかるなど、多くの課題を残していました。AI 技術の活用によってこれらの課題を解決するため、ファインドスターとSENSYの業務連携に至ったといいます。

ファインドスターの持つプリントメディアに特化したダイレクトマーケティングノウハウに、SENSY のパーソナル人工知能技術を融合させ、カタログの発送先の最適化や顧客ごとにカタログをパーソナライズすることで、カタログ通販会社の顧客のニーズにより細かく応えることで、カタログのレスポンス率を改善して売上向上を目指していくそうです。

関連記事

感覚をとらえる人工知能「SENSY」が稼げる人工知能として進化してきた!?

【インタビュー】人工知能「SENSY」が美味しく健康をサポートしてくれる?! 新たな領域への挑戦の裏側とは

おざけん

人工知能・AI専門メディア AINOWデスク ┃ カメラマン
┃ Twitterでも発信しています。@ozaken_AI ┃ AINOWのTwitterもぜひ@Ainow_ai┃
出演: 日経CNBC「日経カレッジ・ラボ」日本テレビ 「ZIP!」など┃

AIが人間と共存していく未来を作りたい。そのために発信していきます!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する