囲碁王座戦、一力八段が連続挑戦 初の七大タイトル狙う


第66期囲碁王座戦(日本経済新聞社主催)の挑戦者決定戦が13日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれ、午後6時5分、239手までで一力遼八段(21)が本木克弥八段(23)に黒番中押し勝ちし、井山裕太王座(29)への挑戦権を獲得した。一力八段は2期連続2回目の王座挑戦で、初の七大タイトル獲得を目指す。王座戦

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する