PRML第3章のベイジアン線形回帰をPythonで実装

この記事では、PRML第3章で述べられている、ベイジアン線型回帰とエビデンス近似を実装します。対応するjupyter notebookは筆者のgithubリポジトリにあります。1 理論のおさらいまず、記号を定義し、PRMLに書かれている内容(数式)をざっくり復習していきましょう。1.1 設定$N \

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する