LibSVMをC/C++のライブラリとして使う準備(2018/9/30)

はじめに
LibSVM( https://www.csie.ntu.edu.tw/~cjlin/libsvm/ )をC/C++上でライブラリとして使用するための準備過程がどこにも書かれていなかったので、私が行ったやり方をメモしておこうと思います。
0.環境
macOS High Sierra version 10.13.6
gccコンパイラ 4.2.1
1.ダウンロードとインストール
LibSVM は上記のURLからダウンロードできますが、素のソースコードからライブラリ化するのはやや億劫でした。
代わりにhomebrewからダウンロードとインストールを行います。
$ brew install libsvm;
インストールすると、svm-trainなどが実行バイナリとして使えるようになりますが、今回はライブラリの状態で使いたいのでこれ自体に興味はありません。
2.インストール先の確認
次にhomebrewでのインストール先を確認します。
$ brew info libsvm;
libsvmの情報
libsvm: stable 3.22 (bottled)
Library for support vector machines
https://www.csie.ntu.edu.tw/~cjlin/libsvm/
/usr/local/Cellar/libsvm/3.22 (10 files, 230.3KB) *
Poured from bottle on 2018-09-30 at 02:05:39
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/libsvm.rb
==> Analytics
install: 75 (30d), 377 (90d), 1,474 (365d)
install_on_request: 64 (30d), 303 (90d), 1,117 (365d)
build_error: 0 (30d)
libsvmは、”/usr/local/Cellar/libsvm/3.22″にあることがわかります。
この場所をopenコマンドを使ってファイダーで開くと、include,libといったディレクトリがあります。この場所をメモできたら準備完

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する