水産AI普及へ学習データ不足、水産工学会シンポ指摘


水産AI普及へ学習データ不足、水産工学会シンポ指摘2018年10月11日日本水産工学会(大竹臣哉会長)は6日、東京海洋大学楽水会館で秋季シンポジウム「水産工学と人工知能」を開催した。水産の現場で人工知能(AI)に何ができるかを交え事例として報告したが、演者らは「AIの精度を上げるために必要な、正しく

サイト名: 日刊水産経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する