中国企業、相次ぎ半導体参入 百度や格力、米中摩擦に備え

中国のインターネット・家電大手が相次いで半導体事業に参入する。百度(バイドゥ)は人工知能(AI)向けの開発を進め、珠海格力電器は自社のエアコン向けを内製化する。米国とのハイテク摩擦により、中国企業では先端機器に不可欠な半導体確保への不安が高まっている。習近平(シー・ジンピン)国家主席が海外に頼らない

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する