人工知能で新幹線の混雑予測|料金の変動も可能!? -JR 大宮駅でデモ-

おざけんです。

2018年12月3日、JR大宮駅でJR東日本による新たなビジネス・サービスの創出の取り組み「JR 東日本スタートアッププログラム 2018」の採択企業による展示が行われました。

「JR 東日本スタートアッププログラム 2018」は2018年4月から募集を開始。事業構想の具体化を支援する「インキュベーションコース」と、JR東日本グループと協業を行う「アクセラレーションコース」の2つに分かれ、合計で182の提案があったといいます。

JR東は、この中からアクセラレーションコース18件、インキュベーションコース5件を採択し、アクセラレーションコースでは順次テストマーケティングを行います。

今回は、アクセラレーションコース採択企業の一部のデモンストレーションが「STARTUP_STATION」と名付けられ、JR 大宮駅で行われました。デモは12/3〜12/9まで毎日11:00〜18:00の時間で開催されます。

今回はその中でもAI(人工知能)技術を活用した新幹線の混雑予測の事例をご紹介します。

JR 大宮駅でデモが行われたSTARTUP_STATIONの様子

人工知能技術で新幹線の混雑予測

新幹線の混雑予測を行うメトロエンジンは、人工知能技術を用いた「ダイナミックプライシング」事業を軸にサービスを提供している企業です。リアルタイムのビッグデータをAI(人工知能)技術を活用することで、変動的に価格設定を行うことのできるツールを開発・提供しています。

ダイナミックプライシング:同じ商品やサービスの価格を需要、供給に合わせて変動させる仕組み

STARTUP_STATIONにて展示されたメトロエンジン株式会社の新幹線混雑予測のデジタルサイネージ

新幹線の混雑予測について説明するメトロエンジン株式会社 CEOの田中良介さん

新幹線の混雑予測の取り組みでは、JR、メトロエンジンが保有するビッグデータの他、携帯会社が保有する位置情報のデータなどを活用し、モデルを構築しています。

メトロエンジンの持つデータの強みは、日本全国のホテルの空室数を把握している点。従来から取り組むホテルのダイナミックプライシングサービスで蓄積したデータや知見を、うまく新幹線の混雑予測にも結びつけています

混雑予測の精度は、各号ごとに約15席の誤差で予測ができているといい、高精度で予測できていることがわかります。

東北新幹線やまびこ 大宮-仙台間の混雑予測 | 赤色部分が混雑だと予想されている部分、青色の部分は空いていると予想されている

このデジタルサイネージでは、時間帯ごとの混雑予測が展示されているが、裏ではグリーン車や指定席、自由席など座席別の予測モデルも構築しているという。また日が近くなるに連れて、天気などもデータとして活用できるため、精度の向上が狙えるそう。

メトロエンジン CEOの田中良介さんは「将来的には混雑予測に応じて乗車料を割引する取り組みなども行っていきたい」と説明してくださいました。比較的空いている時間帯の乗車料を安くすることで、需要を喚起し、地方を盛り上げることにもつなげたいとしています。

メトロエンジン株式会社 CEO 田中良介さん

メトロエンジン株式会社 CEO 田中良介さん

 

 

おざけん

人工知能・AI専門メディア AINOWデスク ┃ カメラマン
┃ Twitterでも発信しています。@ozaken_AI ┃ AINOWのTwitterもぜひ@_ai┃
出演: 日経CNBC「日経カレッジ・ラボ」日本テレビ 「ZIP!」など┃

AIが人間と共存していく未来を作りたい。そのために発信していきます!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する