マウスだけでディープラーニングを構築!? ギリアが「Deep Analyzer Lite」を 12月3日より販売開始

ギリア株式会社がAI(人工知能)の専門家でなくてもマウス操作だけで深層学習(ディープラーニング)の開発、訓練、検証ができるソフトウェア「Deep Analyzer Lite(ディープアナライザー・ライト)」の販売を開始すると発表しました。

株式会社UEIが販売する深層学習ハードウェア「DEEPstation(ディープステーション)」シリーズに同梱し、2018年12月3日より販売を開始します。

現在DEEPstationに同梱されている深層学習用ソフトウェアCSLAIERからDeep Analyzer Liteに置き換えることで、最新のアルゴリズムに対応し従来以上の性能を発揮します。なおこのソフトウェア更新に伴うDEEPstationの販売価格の変更はありません

Deep Analyzer Liteにより、従来、数千万円~数億円かかっていた企業の初期PoC(Proof of Concept/仮説検証)が数十万円で実現可能になるだけでなく今まで障壁が高かった個人レベルでのAIの開発環境をより身近に手軽にすることで、一人でも多くの人が深層学習AIを自分で作り出す世界の到来を促進していくとしています。

Deep Analyzer Liteの特徴

  • 人工知能の専門家ではなくても手軽にAIの開発・訓練・検証ができるグラフィカルな深層学習環境
  • 学習過程の可視化
    深層ニューラルネットの学習状況をグラフで手軽に確認可能な他、学習途中の状況を随時確認することができます。
  • 対応アルゴリズム
    ■画像分類:Xception、InceptionV3、VGG19、VGG16、ResNet50、InceptionResNetV2、DensNet121、DensNet169、NASNetMobile
    ■画像生成:DCGAN(教師なし学習)
  • 分散学習でハイパーパラメータ探索が簡単に
    複数GPUを搭載したマシンでは複数のGPUに異なるハイパーパラメータを渡して同時に学習させる分散学習が可能。ハイパーパラメータ探索が効率的に行えます。
  • キューイング機能で複数の学習タスクを指定可能
    ひとつの学習が終わったら、時間を無駄にせずにすぐさま次の学習にとりかかれるようにキューイング機能を装備しています。キューイング機能を利用することで、単独GPUであっても時間を無駄にせずハイパーパラメータ探索を行うことができます。
  • ブラウザから学習済みAIを利用可能
    PoC(仮説検証)を手軽に行うために、ブラウザから学習済みのAIを使うことができます。Webカメラを利用すれば検証データの作成の手間なく簡単に仮説を試すことも可能です。
おざけん

人工知能・AI専門メディア AINOWデスク ┃ カメラマン
┃ Twitterでも発信しています。@ozaken_AI ┃ AINOWのTwitterもぜひ@Ainow_ai┃
出演: 日経CNBC「日経カレッジ・ラボ」日本テレビ 「ZIP!」など┃

AIが人間と共存していく未来を作りたい。そのために発信していきます!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する