阿修羅像の顔、喜びも悲しみも 「人に近い」とAI解析


天平彫刻の傑作とされる奈良・興福寺の国宝阿修羅像(734年、脱活乾漆造〈だっかつかんしつづくり〉)の真ん中の顔について、AI(人工知能)を使って分析したところ、「悲しみ」と「喜び」という相反する表情が含まれていたことが分かった。奈良大学の関根俊一副学長(美術史)らのプロジェクトチームが4日、大阪市内

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: 朝日新聞デジタル - 社会

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する