AIで多関節ロボットの正確なピッキングを実現 -FUJIとALBERTが共同技術開発-

株式会社FUJIと株式会社ALBERTが多関節ロボット「SmartWing」において、AI(ディープラーニング)の技術を応用する共同技術開発を進めていることを明らかにしました。

FUJIが提供する「SmartWing」にAIの技術を適用することで、動作を教えたりプログラミングをする必要のない扱いやすい多関節ロボットを実現していくとしています。

従来は、ピッキングする対象物の形状認識やロボットの細かな動作をプログラミングする必要がありましたが、「SmartWing」の部品認識機能にディープラーニング技術を活用することで、初めて見る部品であっても自動認識し、プログラミングなしで部品認識が可能になりました。

今回の共同研究開発により、単眼カメラのみで対象物を三次元姿勢を推定したり、部品の向きに応じた正確なピッキングも可能になるといいます。

製造業では、さまざまな場面でAIが搭載されたロボットが活用され、業務効率化に大きく貢献しています。ロボットの眼としてのディープラーニング技術の応用に今後も注目です。

 

 

おざけん

人工知能・AI専門メディア AINOWデスク ┃ カメラマン
┃ Twitterでも発信しています。@ozaken_AI ┃ AINOWのTwitterもぜひ@Ainow_ai┃
出演: 日経CNBC「日経カレッジ・ラボ」日本テレビ 「ZIP!」など┃

AIが人間と共存していく未来を作りたい。そのために発信していきます!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する