【クラウドWatch】京セラCS、100%再生エネのデータセンター運営


□北海道石狩市で4月着工京セラコミュニケーションシステム(KCCS、京都市伏見区)は、北海道および石狩市の協力の下、再生可能エネルギー100%で運営する「ゼロエミッション・データセンター」の開業に向けた取り組みを4月から北海道石狩市で開始する。KCCSの親会社である京セラは太陽光発電の先駆者として、

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する