材料開発、AIで革新 捨てるデータに宝の芽


これまで捨てていた実験データを人工知能(AI)に学ばせ、材料開発に生かす研究が進んでいる。少ないデータでもAIは学習して賢くなり、化学合成のカギを握る高性能の触媒の開発につながる成果も出始めた。目指すのは研究者の経験と勘に頼っていた従来型の材料開発からの脱却だ。日本触媒の右田啓哉研究員は学会などから

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する