化学テロ対策 ドローン出動 大分市の企業開発 ラグビーW杯で運用予定


有毒ガスなどを使う「化学テロ」を想定し、ガスを検知し、負傷者を探索できる車両型ドローン(小型無人機 …。同社の溝部弘之社長(48)は「今後、人工知能(AI)を使って走行や探索を自動化したい」としている。

サイト名: qBiz 西日本新聞経済電子版

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する