【2019年保存版】空気清浄機「ダイキン・シャープ・パナ・ブルーエア」おすすめモデルとその違い


いよいよ花粉の飛散が本格化してきました! 鼻水、目のかゆみに悩まされている方も多いはず。屋外は仕方ないとしても、せめて自宅では花粉症から解放されたいですよね。そのためには、高性能な空気清浄機を導入するのが一番…というわけで今回は、ダイキン、シャープ、パナソニック、ブルーエアの各メーカーから3つの価格帯でオススメモデルを選び、その違いを比較する記事をまとめてみました。各モデルは表組みで徹底比較しているので、必要な機能があるか否か、ひと目でチェックすることが可能です。ぜひ参考にしてみてください!
 
教えてくれるのはこの人!
家電コーディネーター
戸井田園子さん
雑誌やテレビなど、数多くのメディアにひっぱりだこの家電専門家。ユーザー目線に立ったわかりやすい解説で、読者の厚い信頼を受けています。
 
【ダイキンの空気清浄機の特徴とは?】
独自技術の「ストリーマ」で本体内部も清潔!
「ダイキンの空気清浄機は、高速で電子を放出し、有毒ガスを分解する独自の『ストリーマ』技術が特徴です。本体内部にストリーマを放出し、脱臭フィルターに付着したニオイを除去するほか、加湿フィルターや給水トレイの水にもストリーマを照射して細菌を抑制するなど、その効果は非常に大きいですね。ただ、ストリーマを搭載したぶん、他社の空気清浄機よりもパーツがひとつ多くなっています。
 
全体のラインナップとしては、加湿機能付きの3モデルと加湿なしの単機能タイプ2モデル。そのほかに、除加湿機能つきの複合タイプが1モデル用意されています」(戸井田さん)
 
【ダイキンのオススメその1 ハイエンドモデル】
ツインストリーマ搭載で空気の汚れ&ニオイに2倍効く!
加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70V
実売価格5万9800円
従来比で2倍のストリーマユニットを搭載した「ツインストリーマ」を備えたハイグレードモデル。有害ガスの分解スピード、脱臭性能などが従来機の2倍になっています。加湿機能は加湿量650mL/時とパワフルで、お部屋を高めの湿度に自動でキープする「のど・はだ運転」モードや、「高め」「標準」「ひかえめ」から選べる3段階の加湿モードが搭載されています。「Amazon Alexa」に対応し、声で操作することも可能です。
MCK70V 戸井田さんのレコメンド
「TAFUフィルター」は10年後でも性能

サイト名: GetNavi WEB

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する