米軍制服組トップ、グーグルに懸念「中国軍に恩恵」


【ワシントン=中村亮】米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は14日、議会上院の軍事委員会の公聴会で「グーグルの中国での取り組みが中国軍に対して間接的に恩恵となっている」と証言した。グーグルは中国に人工知能(AI)の研究拠点を設けるなど、革新的な技術が軍事分野に転用されるリスクがあるとの懸念

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する