AI兵器で国際ルールを 政府が提唱


政府は人工知能(AI)を搭載した兵器の国際ルールづくりを25日からスイス・ジュネーブで開く国際会議で提唱する。自ら標的を見つけ、自らの判断で攻撃する「自律型致死兵器システム(LAWS)」を導入する際、人間の関与が必須だと主張。直接的に人間を殺害するよう設計された兵器はルールの対象とすべきだと訴える。

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する