フェイスブックの広告プラットフォームは、根幹から「差別的」かもしれない


フェイスブックの広告配信アルゴリズムには、広告主の意図せぬところで人種や性別のバイアスがかかっている──。そんな研究結果が大学などの共同研究から明らかになった。もし事実だとすれば違法になるという今回の問題、差別的であると認められれば、広告事業そのものに悪影響が出る可能性が高くなってきた。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する