グーグルの新しいプライヴァシー設定は、「ユーザーへの責任転嫁」にすぎない


開発者カンファレンス「Google I/O 2019」でプライヴァシー重視の路線を明確に打ち出したグーグル。ユーザーはどこまで個人情報をグーグルに渡すのかをある程度コントロールできるようになるが、これは消費者に責任を委ねるという見方もできる。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する