カーネル法

カーネル法とは、パターン認識で使われる分類方法のうちの一つで高次元の特徴空間にデータを埋め込むことで線形分類器では分類できないデータなどをうまく分類できるようにしたもの。

カーネル関数という関数を用いた計算方法で、カーネル関数は特徴空間における特徴量の計算を内積を用いて行う。このように非線形のデータ構造を線形構造に変換し、特徴量の計算量を小さくする手法をカーネルトリックと呼ぶ。一般に様々なアルゴリズムとともに用いられるが、サポートベクターマシンなどがい一般的に知られる。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する