ビッグデータ

ビッグデータ

市販されているデータベース管理ツールや従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困難なほど巨大で複雑なデータ集合の集積物のことを表します。 その技術的な課題には収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化が含まれます。

このような膨大なデータは、今まで専門的な研究でしか使われていませんでした。例を挙げると、遺伝子の研究や、気象に関する研究などの巨大なデータが必要になる分野です。

ではなぜ、ビッグデータというものが巷でも話題に上がるようになったのでしょうか。

ビッグデータという言葉の普及に拍車をかけたのは、インターネット、そしてスマートフォンの普及です。インターネットが普及してからというもの、そこには膨大なデータが蓄えられています。このような膨大なデータが多く蓄えられている現在では、コンピュータを使い、その巨大なデータを分析したりすることによって活用しています。特に 人工知能 は、このビッグデータを「知識」として使用します。

機械学習 の発展により、より巨大なデータを扱うことができ、またこの巨大なデータの内部に潜むパターンを発見したりとビッグデータの活用の幅が広がってきている。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する