ホーキング

ホーキングとは、スティーヴン・ウィリアム・ホーキングは、イギリスの理論物理学者。

一般相対性理論に関連する分野で理論的研究を進め、1963年にブラックホールの特異点定理を発表したことで有名となった。またAIの脅威について主張していることでも有名である。ホーキング博士はリスボンで開催したWeb Summitに参加し、人類に与えるAIの脅威について「AIは独自の意思を持ち始める可能性がある」「AIは人類にとって最悪、もしくは最良の結果をもたらす可能性がある」コンピュータで生成された音声で語った。また、BBCのインタビューに対して「完全な人工知能を開発できたとき、それは人類の終焉を意味するかもしれない」「人工知能が自分の意志をもって自立し、そしてさらにこれまでにないような早さで能力を上げ自分自身を設計しなおすこともあり得る。ゆっくりとしか進化できない人間に勝ち目はない。いずれは人工知能に取って代わられるだろう」と述べた。AIが進化をとげ、人間の知性を超える可能性、いわゆる技術特異点について博士はすでに懸念を示している。

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する