CATEGORY イベント

イベントレポート

【予約殺到】大人気イベントTensorFlow User Group #3 事業会社のAI事例を聞いてきた!

参加してきたイベント「TensorFlow User Group #3」 https://tfug-tokyo.connpass.com/event/49849/ 会場は六本木ヒルズ Googleさんの大変キレイなオフィス!スクリーンが3つあり約150名の人が入れる広い会場でした。 本当に人が多く、すぐに席が埋まってしまいました。 ※ 当日の発表模様はYoutubeにもアップされています。 https://youtu.be/dd7JdUVNP5Y Retty 流 2200 万ユーザを支える機械学習基盤の作り方 Retty 株式会社 CTO 樽石将人さん Qiitaで実施していたアドベントカレンダーの内容が好評だったので、こちらの記事を基に補足説明して頂きました。 まずは、Rettyのサービス紹介 https://retty.me/ 既に、皆さんご存知の口コミした人の顔が見える飲食店探しサービス 口コミが約300万件、写真が1000万枚溜まってきているそうです。 今回の発表では、GPU付き自作マシンの構図も丁寧に説明して下さいました。主な特徴として、SSHでログインして、手元で手軽にGPU搭載マシンを使えることが魅力だそう。後半はアーキテクチャを中心にマシンの説明で大変興味深い内容でしたよ。 TFUG#3 Retty流 「2200万ユーザさんを支える機械学習基盤」 の作り方 from Masato Taruishi Tensorflowの自然言語処理への応用事例 -文字単位CNNによる口コミ分類- Retty 株式会社 氏原淳志さん Rettyではクラフトビール開拓担当の氏原さん もともと趣味でPythonを弄っていたら仕事になったとのこと。 今日はCNNで自然言語処理ができたという事例紹介をお話頂きました。 ・形態素解析は辞書が必要なので、未知の単語には対応できない。 ・口語表現の解析はまた一段と難しい… こんな課題があるものの、延々と辞書を作る仕事をラクにしてくれるのがCNNではないかと思ったそう。 そこで、挑戦してみたのはRettyの口コミ情報からデートに使えるお店を見つけるというもの。character-level CNNを使用してみて、20万 口コミを解析してみてaccrancy83%だったそうですよ。 SENSYにおける深層学習活用事例とTensorFlowの悩み相談 カラフル・ボード株式会社 取締役CTO 武部雄一さん 将来的には、1人1人のパーソナルAIを作りたいというSENSYの構想を説明頂きました。現在は、ファッション、グルメ、チャットボットのサービスをto Cで提供しており、to B的には、Outfit APIとしてコーディネートしてくれるAIを提供中とのこと。 実は、先週のサンジャポでSENCYが紹介されていました。 でも、サンジャポ砲の負荷には耐えきれず落ちてしまったそう… すごい人気ですね。…

イベントレポート

脳の言語理解から学ぶ人工知能「第17回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 失語症と発達性ディスレクシア ~」

2月11日(土)に開催された全脳アーキテクチャの勉強会を取材してきましたのでレポートさせて頂きたいと思います。 汎用人工知能を作るヒントは、やはり人間の脳を解明することが必要不可欠です。今回のイベントで、工学的な目線だけでなく、脳科学の分野からも人工知能開発における知見を得ていきたいと思いました。 「第17回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 失語症をめぐって ~」 https://wba-meetup.doorkeeper.jp/events/57007 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ代表 山川宏氏より開会の挨拶 人類と唱和する人工知能のある世界を目指して 冒頭、全脳アーキテクチャ・イニシアティブ代表 山川先生より2017年、全脳アーキテクチャの方向性についてお話を頂きました。 汎用人工知能の目指すべき方向性として、下記のキーワードを掲げられておりました。 ・Common Good みんなの公共財であること。 ・Value Alignment 人間のようなやさしさを持った価値観を持っていること。 「失語症と発達性ディスレクシア」プログラム委員長 浅川伸一氏(東京女子大学) プログラム委員長 浅川先生からは、本日のテーマである「失語症と発達性ディスレクシア」について、全脳アーキテクチャで取り上げるテーマの意味についてお話を頂きました。 脳はまだわからないことが多く、複雑であるので、理解を深めるために脳科学の知見から脳のモジュールについて、もう一度確認をしておくべきであると。 「脳内神経線維連絡と失語症」 近藤正樹氏(京都府立医科大学) 普段は学生の教育と研究、神経内科の臨床に携わられており、ご多忙の中、お越しいただきました。近藤先生からは、失語症という病気とその原因について、脳のどの部位で起こっているのか具体的な解説をして頂きました。 失語症とは 何を言っているかわからない 言葉が出ない・出にくい 言葉が理解できない・理解しにくい 口頭言語(話し言葉)と文字言語(書き言葉)の障害 このように、思うように言葉を話したり、書くことができない病気で、脳卒中の患者で1割程度、失語症を患っているケースがあるそうです。 そして、失語は大きく分けると主に3つの種類があります。 運動性失語(言葉がでない) 感覚生失語(言葉が理解できない) 伝導失語(音韻の誤りがある、復唱の障害) 脳の病巣部位としては、左半球の障害で特に、左シルヴィウス裂周辺で起こるそうです。脳の障害が及ぼす部位によって症状が異なっているそうです。 前方型:運動性 言葉がしゃべれない症状が主体 後方型:感覚性 言葉が理解できない症状が主体 失語症の評価は、自発語の状態,呼称/復唱/理解,書字,読字を観察することで判断することができます。例えば、このような質問を投げかえると、失語症の方は、正常に応答することができません。 わざといいえで答える質問を行う。 身近にある物品の名前をいくつか呼称してもらう。 口頭命令を行う。 発語の様子は、音声の録音データを基に実例を聞かせて頂きました。 拡散テンソル fiber tracking / tractgraphy 後半は、失語症を発症している時の脳の評価方法として、Fiber Tracking法、Tractography(トラクトグラフィー)を用いた手法について解説頂きました。 Tractography…

イベント

【2017年2月開催】人工知能・機械学習関連イベント&勉強会

2月の人工知能・機械学習関連イベントや勉強会をまとめてみました。 昨年から増えてきてましたが、より深い学びや、実データを使った実践を目指す勉強会が増えてきた印象です。 また、ディレクター系の勉強会も「ビジネスチャンスを理解する」から「実際にビジネス作る」段階にうつってきたように見えます。 既に満席のところもあるようですが、補欠登録からの繰り上がりも多いので諦めずに申し込みしてみることをお勧めします。 ※本記事への掲載をご希望のイベント主催者様いらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください! 2/10(金) 人工知能大学Meetup!第4次産業革命について語ろう! 2017/02/10(金)19:00 〜 21:30 NOS 恵比寿 ノス エビス 東京都渋谷区恵比寿南2-3-14 コンツェ恵比寿B1 2/11(土) AIチャレンジコンテストをもくもくするぞ会 2017/02/11(土)10:00 〜 17:00 Basis Point 新橋店 東京都港区新橋2-19-3カシケイビル2F 量子情報勉強会 |39> 2017/02/11(土)13:00 〜 17:00 (株)ねこねこエンジニアリング 東京都千代田区岩本町2丁目10−9 機械学習論文読み会・懇親会 vol.8 2017/02/11(土)14:00 〜 18:00 株式会社Nextremer 東京オフィス 東京都板橋区成増1-30-13 トーセイ三井生命ビル(7F) 2/13(月) 人工知能大学 “ゼロから作るDeepLearning” 自主勉強会by TeamAI@秋葉原 2017/02/13(月)19:00 〜 22:00 コワーキングスペース秋葉原Weeyble 東京都千代田区神田須田町2丁目19−23 (野村第3ビル 4階) 2/14(火) 人工知能大学”TensorFlow”自主勉強会 by…

イベントレポート

カジュアルトーク Vol.20 NLP×CNNの実現性は? 〜自然言語処理の最先端はココまで来ている!〜

こんばんは!AINOW編集長のかめきちです。 先週開催された、全脳アーキテクチャ若手の会主催によるカジュアルトーク Vol20の模様をお届けしたいと思います。 今回のテーマは「自然言語処理」。 日本のAI界における永遠のテーマでしょうか… 難易度の高いこの分野の最新研究を聞くことが出来ましたので、まとめていきます。 ・イベントの詳細はコチラ https://wbawakate.connpass.com/event/48610/presentation/ TISにおける、研究開発のメソッド 久保隆宏 (TIS株式会社) 会場提供を頂いているTISの久保さんよりスタート。 AIサービス開発における工程別の注意点をわかりやすく説明頂きました。 特に興味深く、大事だと思ったのは企画フェーズにおける下記の点ではないでしょうか? TISにおける、研究開発のメソッド from Takahiro Kubo End-to-End時代における対話システムの研究動向 吉野幸一郎(奈良先端科学技術大学院大学) 吉野先生からは、対話システムの系譜とEnd to Endの考え方、各種分析手法の動向をご説明頂きました。特に、中盤に出てくる河原先生のお言葉はすべての方に通じるのではないでしょうか? 「ニューラルネットは、人間がどう定義するかによって成果が変わる。 写像を定義するためのものではない。」 「自分が解こうとしている問題が、写像として定義できているか考えよう。」 自然言語処理の沼へようこそ NLPの未解決(?)問題達-実用で残る課題 萩行正嗣(株式会社ウェザーニューズ) 実例を基に、NLPの問題点を紹介して頂いたのですが、事例がとてもわかりやすく自然言語処理はまだまだ奥の深い研究だと思いました。 人間が考えればすぐに解決することですが… 「モー娘。」問題 形態素解析は1文を入力することを前提 〜。というキーワードは切ることができない。 「絵文字問題」 使い方が自由すぎる 意味の使い方が作成者の意図に反することがある 「見た目同じ問題」 -ーとかの区別が、難しいやつ 「多義語問題」 トラック、マウスなど、2つの意味がある 「係り受け問題」 どこに修飾語がかかっているのか、判断することができない などなど 全脳アーキテクチャ若手の会20170131 from Hangyo Masatsugu 自然言語処理でConvolutional Neural Networkがくるか? 島田大樹(法政大学大学院) 最後は、若手の会 副会長のイケメン島田さんから、自然言語処理におけるCNNの利用について、NLP×CNNの最新研究成果を基に、どこまで実現可能なのか解説と考察をいただきました。スライドを見てもらったほうが早いので、どうぞ…! Convolutional…

イベント

第8回 Machine Learning 15minutes! 〜各スペシャリストが語るAIの構築ポイントとは!?〜

第8回 Machine Learning 15minutes! 今日は、1月21日(土)Machine Learning 15minutes! に参加してきましたのでレポートをお届けします。今回はWeb上では手に入らない事例や日本初挑戦のIoT機器「Joule」デモが見れるなど、目白押しのイベントでした。 参加してきたイベントはこんなイベント! 株式会社メンバーズキャリア様主催 第8回 Machine Learning 15minutes! 「Machine Learning 15minutes!」は、「機械学習」について「15minutes以内」で語るLTを6~9人程度で行い、DeepLearningなどの先端的な事例、強化学習などの流行している技術、ビジネスへの応用例など、様々な角度から機械学習についての知見を広げ、LT終了後の懇親会でネットワーキングを行うイベントです。 SOMPOホールディングス 中林 紀彦【AI・Deep Learning回りの国内第一人者たちの視点】 事業戦略の目線でデータサイエンスに携わっている中林さん SOMPOではデジタル戦略室を設けて、シリコンバレーと連携して、最新技術の情報収集・事業への実装を行われているとのこと。そんな知見をもとに国外、国内で立ち回る際の参考になるお話をしていただきましたよ。 ポイントは2点 ・AIやIoTなどの技術やツールは手段でしかない、どんなデータで何をするか戦略が大事、ビジネス経験をもった人財が大事になる。 ・G1 Deep Learning研究会のレポートを少し(イベント限) AI・Deep Learning回りの国内第一人者たちの視点 from 紀彦 中林 まとめ PKSHA Technology 土屋 祐一郎【機械学習を使ったサービスのプロダクションコードを書く話】 パークシャで会話エンジン「BEDORE(べドア)」の開発をしている土屋さん。 アルゴリズムエンジニアとソフトウェアエンジニアの協力がないと機械学習をつかったサービスは作れない。この2者間を結ぶシステム開発の話をしていただきました。 ポイントは2点 ・会話エンジン「BEDORE(べドア)」を作った際の考え方 機械学習をつかったサービスは学習と識別は分けて考える必要がある。こんなサービスはどうやって作るのか?バグを出さない安定したシステムの作り方がわかりますよ。 ・ソフトウェアエンジニアリング寄りの機械学習システム開発の話 お互いに無理をせずに任せる事が大事で、Modelクラス単位でのテストをしっかりやることで機械学習をつかったサービスが完成していく重要な視点の話をしていただきました。 まとめ 株式会社レトリバ 舛岡 英人【DeepLearning初心者がChainerを学ぶ方法】 Chainerの使い方について、どのように学習を深めていけばよいか、情報収集のやり方など、お話頂きました。 会場でもChainerを知っている人は多いが、活用している人は10%くらいなので、まだまだ実践している人は少なかったです。 ポイントは2点 ・Chainerを始めるにあたって、参考になるサイトや学習方法がわかります。 ・2月にChainerのイベントがあるので、もっと勉強したい人はぜひ参加しましょう。 DeepLearning初心者がChainerを学ぶ方法—Masuoka…

イベント

【2017年1月開催】人工知能・機械学習関連イベント&勉強会

2017年が始まります。 1月の人工知能・機械学習関連イベントや勉強会をまとめてみました。 既に満席のところもあるようですが、補欠登録からの繰り上がりも多いので諦めずに申し込みしてみることをお勧めします。 ※本記事への掲載をご希望のイベント主催者様いらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください! 1/11(水) 【学生&若手エンジニア向け勉強会】ディープラーニングの基礎 2017/01/11(水) 19:30 〜 21:30 サポーターズオフィス 東東京都渋谷区神泉町8-16 1/12(木) Jupyterで触れながら学ぶ機械学習速習会@Wantedly 2017/01/12(木)19:30 〜 21:30 ウォンテッドリー白金台オフィス 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階 1/14(土) 農業AIハッカソン 2017/01/14(土)10:00 〜 2017/01/15(日) 18:00 株式会社セラク 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿(木村屋ビル) 機械学習論文読み会・懇親会 2017/01/14(土)14:00 〜 18:00 株式会社Nextremer 東京オフィス 東京都板橋区成増1-30-13 トーセイ三井生命ビル(7F) 1/16(月) Tech Night @ Shiodome # 2 2017/01/16(月)18:30 〜 22:00 汐留住友ビル 14F ソフトバンク新館汐留キャンパス 東京都港区東新橋1-9-2 (汐留住友ビル) ディープラーニング・ハンズオン @ Google 2017/01/16(月)19:00…

イベントレポート

第7回 Machine Learning 15minutes! 〜ディープラーニングだけがAIではない、成果の出せるAIの秘密〜

第7回 Machine Learning 15minutes! 今日は、12月17日(土)Machine Learning 15minutes! に参加してきましたのでレポートをお届けします。今回は実例が多く、AIの活用がどの程度まで進んでいるか知れるイベントになっていましたよ。 参加してきたイベントはこんなイベント! 株式会社メンバーズキャリア様主催 第7回 Machine Learning 15minutes! 「Machine Learning 15minutes!」は、「機械学習」について「15minutes以内」で語るLTを6~9人程度で行い、DeepLearningなどの先端的な事例、強化学習などの流行している技術、ビジネスへの応用例など、様々な角度から機械学習についての知見を広げ、LT終了後の懇親会でネットワーキングを行うイベントです。 東京大学(講師) 牛久 祥孝【Deep Learningによる視覚・言語融合の最前線】 画像キャプションの自動生成 from 祥孝 牛久 東京大学で講師をされている牛久さんからスタート。 画像キャプションの技術紹介を実例を基に説明していただきました。 写真であれば、どんな写真なのか、それっぽいキャプションを生成します。 それぞれは別々の技術であったが、2分野が融合して新しい分野になっていますよね。しかし、画層認識は比較的カンタンだが、自然言語処理による文章生成が課題とのこと。 この発展型として、現在では、翻訳の分野で画像と文章を合わせることで、文章生成の精度を上げる試みもされているそうです。 カラフル・ボード株式会社(CEO) 渡辺 祐樹【最新AI活用法〜SENSYの事例を参考に〜】 ※記事は追加され次第更新します。 SENSYで有名なカラフルボードの渡辺社長から、パーソナルAIの実現に向けたSENSYの活用事例をお話いただきました。 SENSYの目指すパーソナルAIのプロダクトマップとして、ファッションとグルメから取り組みを始めています。 今回は、その中でもSENCY CLOSETをご紹介頂きました。 手持ちの洋服とECサイトの商品を組み合わせて提案してくれるAIです。 この実現の難しかった部分としては、背景の切り抜きに課題があったとのこと。 洋服の写真を組み合わせる際に色が混ざらないする必要があったそうです。 株式会社ビズリーチ 安田 京太【現場で機械学習を使うまで】 ※記事は追加され次第更新します。 今回は書類の合格可能性を判定するレコメンドについてお話いただきました。 当初は協調フィルタリングを利用したとのこと。 やはり現場で運用すると、期間とコストが見合わないので、小さく成果を出せる方法を選択したそうです。 いきなりディープラーニングをやっても精度も出ないし、ビジネスでは活用できないのは納得される方も多いのでは? そもそも機械学習を使う必要があったのかも知りたかったそうです。 新会社 設立準備中 古川 朋裕【私が新事業で目指す自然言語処理ビジネス、その未来】 新事業で目指す自然言語処理ビジネス、その未来…

イベント

特化型AIと汎用AIの未来とは? 全脳アーキテクチャ若手の会カジュアルトーク#19

昨今話題の「汎用AI」。「特化型AI」と「汎用AI」とは一体何なのでしょうか。もし、「汎用AI」が目指すべきゴールなのだとしたら、今、何を考えるべき?か…をカジュアルに考えたいというイベント。 こんにちは。AINOW編集部、くぼちです。 今回は「第19回 全脳アーキテクチャ若手の会 勉強会 カジュアルトーク」をレポートいたします。 概要はこちら。 https://wbawakate.connpass.com/event/45450/ 『特化型AI』と『汎用AI』2つの進化で作られるミライ AINOW編集長 亀田重幸氏 「長野にある実家での農作業・土地管理をAIにやらせてゲームで老後を過ごしたい」というAINOW編集長かめだ。 汎用AIとはなんだろう?特化型AIとはなんだろう?をふりかえり、ぼんやりと未来を考えています。 特化型AIと汎用AI2つの進化で作られるミライ from Shigeyuki Kameda 17:04 自然言語処理における特化型AIの最新動向 Nextremer 田嶋隼平氏 鎧がしゃべっちゃう「AI Samurai」がかっこいいNextremerの田嶋さん。 ニューラルモデルを使って人との対話を再現できないか?という研究をなさっています。なんと、なんと、腰を痛めながら高知県から駆けつけてくれました…! 発表では、「自然言語処理」「言語モデル」などをおさらいした上で、ニューラルネットワークを用いた言語モデルと最新の活用事例を紹介。 自然言語処理における特化型AIの最新動向 from Junpei Tajima 最新AI活用方法 SENSYの活用事例を参考に カラフルボード 渡辺祐樹氏 パーソナルAI「SENSY」を展開するカラフルボードさん。渡辺さんは、大学時代に勾配法をスピーディーに、精度をいかにあげるか?を研究していたとのこと。発表ではAIのビジネスの活用事例を中心に、何が求められているか、課題はどこにあるか、という点を紹介しました。 脳は誤差逆伝搬しているか? ウサギィ 五木田和也氏 ご存知『コンピュータで脳がつくれるか?』の著者、五木田さん。 最近作っているものは、複数botの自然な雑談をうまくやるAIだそうです。 学際領域研究者のたまごが思うこと10選 -認知,神経,人工知能の視点から- 慶應義塾大 修士2年 大澤正彦氏 最近、ご自身の連載のシェアが伸び悩んでいるという大澤さん。ディープラーニングの研究をしています。 なんと、PPAPや逃げ恥の話も…!? 学際領域研究者のたまごが思うこと10選-認知, 神経, 人工知能の視点から- 全脳アーキテクチャ若手の会 第19回勉強会 カジュアルトーク from Osawa Masahiko 懇親会も大盛り上がりでした…!!

イベント

12月の人工知能・機械学習関連イベントや勉強会まとめ

12月の人工知能・機械学習関連イベントや勉強会をまとめてみました。 既に満席のところもあるようですが、イベント主催者へ直接コンタクトすると 空きがなくても融通してくれることがあるので、諦めずにコンタクトしてみるのもオススメです。 ※本記事への掲載をご希望のイベント主催者様いらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください! 12/01(木) Probabilistic Graphical Models 輪読会 #7 2016/12/01(木)19:30 〜 23:00 セントラルパークタワーラ・トゥール新宿 3階会議室 東京都新宿区西新宿6-15-1(セントラルパークタワーラ・トゥール新宿) 「ゼロから作るDeepLearning」読書会 in YOKOHAMA — vol.1 2016/12/01(木)20:00 〜 22:00 さくらWORKS<関内> 横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F 12/03(土) 【札幌】CPB100: GCP Big Data & ML Fundamentals 2016/12/03(土)10:30 〜 18:30 ACU-Y 〒060-0004 札幌市中央区北4条西4丁目 読売北海道ビル3F 機械学習 名古屋 第8回勉強会 アクセスログを使ったハンズオン 2016/12/03(土)13:00 〜 16:30 名駅南VIPルーム 名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オリファビル3階 【増席】解説とハンズオンで理解する 機械学習 / Cognitive / Bot Framework 2016/12/03(土)13:30…

イベントレポート

第6回 Machine Learning 15minutes! 〜機械学習の実用化とそのミライが見えてきた〜

第6回 Machine Learning 15minutes! 〜機械学習の実用化とそのミライが見えてきた〜 今日は、11月26日(土)Machine Learning 15minutes! に参加してきましたのでレポートをお届けします。本日も満員御礼。会場は機械学習に興味のあるエンジニアや経営者、マーケターの方などでいっぱいでした。今日は登壇者も多く、深い事例が数多く聞けたので有意義な時間を過ごさせて頂きました。 参加してきたイベントはこんなイベント! 株式会社メンバーズキャリア様主催 第6回 Machine Learning 15minutes! 「Machine Learning 15minutes!」は、「機械学習」について「15minutes以内」で語るLTを6~9人程度で行い、DeepLearningなどの先端的な事例、強化学習などの流行している技術、ビジネスへの応用例など、様々な角度から機械学習についての知見を広げ、LT終了後の懇親会でネットワーキングを行うイベントです。 三井物産セキュアディレクション株式会社 高江洲 勲 【機械学習を使ったハッキング手法】 機械学習を使ったハッキング手法 from Isao Takaesu 趣味が脆弱性スキャナ作りというホワイトハッカーの高江洲さんからスタート。 今日はRXSSについて、クッキーなどを盗みサイト改ざんを行う悪質な手法について、構文理解にLSTMを使ってみたという話です。2万ページのHTML、1万ページのJavascriptをLSTMに学習させたとのこと。そして、サニタイズを回避して、攻撃するために機械学習を利用、MLPとQ学習でパターン学習を行ってみたそうです。 最後は実際の攻撃をした際のデモを見せて頂きました。 Blue Wall Japan, Inc. 坂井 尚行 【AIプロダクト開発・アンチパターン】 ※記事は追加され次第更新します。 AIサービス開発の数々のアンチパターンを話して頂きました。数がものすごく、1つ1つのエピソードも興味深いものばかり、会場では、皆さん実体験しているので、苦笑いしている顔がたくさん見られました… 特に面白かったのは、PDDDDDDDD….. いつまでも開発をしていて、チェックとアクションがないパターン。営業あがりのCXOがいるプロダクトに多いとのこと。しっかりやったことを振り替えてって改善していくことがないとダメ。 アンチパターンの解決策で重要だったものは以下のようです。 ・誰のためのどんなサービスなのか定義をする ・物事の日陰を狙っていく ・インタビューをしっかり行う ここまでやってから、データを眺めてアルゴリズムを考える。そうしないとオレオレプロダクトになるだけ。使われないサービスがほとんどですが、AIを使うからこそ、事前の調査や定義付けが重要になるとのことでした。マーケティングとテクノロジーのバランスを保つことが大事。 日本マイクロソフト株式会社 佐藤 直生【機械学習サービス「Azure Machine Learning」】 [第6回 Machine Learning 15minutes!] 機械学習サービス「Azure…