CATEGORY ニュース

ニュース

ファイナンス連続セミナー2017 ①「人工知能と投資の未来」

ビジネススクールでは『ファイナンス連続セミナー2017』を開催いたします。ファイナンス理論は企業価値最大化を目指す経営を計量面から支える学問です。その対象は資金調達、運用だけでなく、事業戦略の策定や人間心理の応用まで広がっています。まさに、変革のスピードを速めグローバル化する経済社会の羅針盤です。本…この記事の続きを読む

ニュース

AIの先に見える「効率化」を超えた未来/WAP牧野 x freee佐々木

2014年、ワークスアプリケーションズが、企業の基幹業務をサポートする情報システムに世界で初めてAI(人工知能)を搭載したことが話題になった。また、freeeでは、2012年の創業当初から会計ソフトにAIを導入している。海外に比べて日本はまだまだAIの使用例が少ないが、AIの導入により、どのような社…この記事の続きを読む

ニュース

AIに「年齢推測」は可能?AWSの画像認識サービス“Amazon Rekognition”使ってみた

こんにちは、ひろきです。 昨年より始動したAWSの画像認識サービス、“Amazon Rekognition”。みなさん使ったことありますか? ある! って人の方が少ないとは思うんですが、少し前に新… AIに「年齢推測」は可能?AWSの画像認識サービス“Amazon Rekognition”使ってみたはBITA デジマラボで公開された投稿です。…この記事の続きを読む

ニュース

アスカネットは17年4月期増収増益予想、ユニロボットとの資本業務提携も好感して急伸

アスカネット<2438>(東マ)は遺影写真加工や写真集制作関連を主力としている。新規事業の空中結像AIプレートについては海外市場も開拓する方針を打ち出している。また人工知能搭載のソーシャルロボット「unibo」を開発するユニロボットに出資して資本業務提携した。17年4月期はOEM供給の稼働率上昇も寄与して増収増益予想である。株価は安値圏モミ合いから上放れ、ユニロボットとの資本業務提携も好感して急伸している。なお3月8日に第3四半期累計業績発表を予定している。■写真加工関連を…..この記事の続きを読む

ニュース

<ZDNet Japan>人を賢く、創造豊かにするAI活用への挑戦

AI(人工知能)を活用する場面が増えている。ビッグデータの蓄積と超高速計算機が安価に手に入ることが背景にある。その活用に挑戦するAIベンチャーの活躍も見逃せない。そんな1社、メタデータの野村直之社長は「人を賢くし、創造性を豊かにするソフトを開発する」と話す。同社が注力するソフトを探ってみる。ホワイト…この記事の続きを読む