CATEGORY ニュース

ニュース

[東京工科大学]人工知能を用いて遺伝子とその機能の相互関係を見つける手法を開発 — ゲノム創薬への応用に向け学外研究機関と共同研究を開始 — 東京工科大学応用生物学部

東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長:軽部征夫)応用生物学部の村上勝彦准教授らの研究チームは、人工知能(AI)を使い、相互に関係する遺伝子や機能をデータベースから自動的に見つける方法を開発。10月より、ゲノム創薬など…