CATEGORY 人工知能とは?

AIについてちょっと調べてみた人工知能とは?

何にも知らない大学生がAIについてちょっと調べてみた。

AINOWでインターン始めました。 初めまして、AINOWインターン生の小川(写真左)です。 大学では4年間ストリートダンスをやって遊びまくってた大学生です。(ウェイ系の大学生は嫌いです。) これから私からもAIに関する情報をお届けしたいと思います。 まだまだAIに関して未熟者ですがぜひとも暖かく見守っていただければと思います。 さてAINOWの記事作成を担当することになったのですが、ここで問題が一つ… AI(人工知能)について全くもって知らないのです。 人工知能が人間に囲碁で勝った… 人工知能の開発がいろいろやばい… などのニュースを小耳にはさむ程度でAIについてほぼ0といってもいいほど知識がありません。 なのでこれを機にAIについて学生でもわかっちゃうくらいにまとめることにしました! AIに詳しい方にとってはまったく役に立たないコンテンツなので、暇つぶし程度で読んでいただけると嬉しいです。 少々お付き合いくださいませ… 人工知能ってなんなんだ そもそも人工知能とは何なんでしょうか。 人工知能というのは 人工知能とは人間の脳が行っている知的な作業をコンピューターで模倣したソフトウェアやシステム。 具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどのことをいう。 人工知能の応用例としては、専門家の問題解決技法を模倣するエキスパートシステムや、翻訳を自動的に行う機械翻訳システム、画像や音声の意味を理解する画像理解システム、音声理解システムなどがある。 人工知能を記述するのに適したプログラミング言語としてLispやPrologなどが知られている。 参照:http://e-words.jp/w/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD.html うん、専門用語が多すぎる!! 4年間遊んでばっかの大学生は読む気なくします… 簡単に要約すると 人間の脳のように考えられる知能を持った機械 ということです。 ふむふむ… 人間の脳のように考えられる… なんかわかるようでわからないような… もうちょっと調べてみましょう。 機械学習と深層学習 AIができることで2つのキーワードが出てきました。 ①機械学習 ②深層学習 の2つです。 順番に解明していきましょう。 機械学習 機械学習とは、データから反復的に学習し、そこに潜むパターンを見つけ出すことです。そして学習した結果を新たなデータにあてはめることで、パターンにしたがって将来を予測することができます。これは予測分析におけるモデル構築の自動化につながり、データサイエンティストの人材不足を補うものになると、大きく期待されています。 参照:http://www.sas.com/ja_jp/insights/analytics/machine-learning.html 機械学習とはたくさんあるデータを分類、分析してくれる機能です。 膨大なデータをコンピューターに学習させることで、コンピューターにルールや規則性を見つけさせ、勝手に「これはA」「これはB」といったように分類してくれます。 そんなん人力でもできんじゃんと思いますが、ビジネスの世界だと何万ものデータがあるわけで、 人間がやんのめんどくさい!ってことでとても便利なわけです! 深層学習 ディープラーニング、深層学習(英: deep learning)とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英: deep neural network)を用いた機械学習である[1]。 参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0 深層学習、またの名をディープラーニングは簡単に言うと機械学習の強化版ということですね! しかしニューラルネットワークという聞き慣れない言葉がありますね。 調べてみると、ニューラルネットワークとは コンピューターで人間の思考に近いもの作っちゃいました。…

人工知能と未来

超少子高齢社会の労働力不足をAIで補う–人工知能がもたらす職業観と仕事の変化

この8月の時点で日本の人口は1億2700万人、65歳以上の人口は27%――。われわれは総人口の21%以上が65歳以上である「超高齢社会」に生きているが、人口減少の問題が深刻さが増している。内閣府は8月25日「地域の経済2016-人口減少問題の克服-」を公表した。 2030年度は、東京都や愛知県、大阪…この記事の続きを読む

人工知能と未来

米国と異なるAI研究体制目指す データを持つ企業との連携が鍵(人工知能の真実)

人工知能(AI)ブームにわく日本だが、IT大手企業が主導する米国との差は大きい。その中で、日本でのAI研究のハブとして期待を集める組織がある。2015年5月に発足した、産業技術総合研究所の人工知能研究センターだ。センター長の辻井氏は、AI技術を製造、流通などの領域と連携させる研究体制の確立に挑む。…この記事の続きを読む

人工知能と仕事

「個人営業」は金融業界で人工知能に取って代わられるか – 山崎元のマルチスコープ

現在発売号の『週刊ダイヤモンド』(9月3日号)の特集は、「金融エリートの没落」という刺激的なタイトルだ。「没落」の構図を大まかに言うと、「マイナス金利政策」と「AI・フィンテック」の2つが大きなポイントだ。AI・フィンテック絡みで、将来なくなる金融職種は何だろうか。…この記事の続きを読む

人工知能とは?

そろそろ人工知能の多様性について論じる時期ではないか

人間とは似ていない非なる多様な知性こそが、人間の知性を補完し、これから直面するさまざまな問題を解決する上でのパートナーになるのではないか。今回は、慶應義塾大学の田口眞男氏が、人工知能の多様性という見地から、人工知能チップとそれを生み出す体……この記事の続きを読む

人工知能とは?

なぜいま機械学習? これだけは知っておきたい主要コンセプトと活用シーン(ホワイトペーパー)

人工知能の一分野である「機械学習」への関心が、かつてないほど高まっている。機械学習という概念そのものは何十年も前からあるが、新しいのは、それを膨大な量のデータに適用できるようになったことだ。ストレージの……この記事の続きを読む