TAG チャットボット

チャットボット

ロボット記者とノーベル文学賞を授賞した記者=韓国(中央日報日本語版)

アルファ碁の衝撃につい将来の自分の仕事が心配になり、英国BBC放送のサイト『Will a robot take your job?(ロボットはあなたの仕事の代わりをするか?)』(www.bbc.com/news/technology-34066941)にアクセスした。オックスフォード大学の研究を基に…この記事の続きを読む

チャットボット

Jetson TX1でEmbedded Worldに衝撃を与えた6つの企業

ドイツ、ニュルンベルクで2月末に催されたEmbedded World 2016では、NVIDIAのブースが大いに沸きました。NVIDIAのJetson TX1スーパーコンピューティング・モジュールを使うと何を実現できるかを、多くの企業が示したのがその理由です。 Jetsonを使用して特に目立っていたのは、以下の6社です。 Awabot(フランス)は、顔とジェスチャ認識、音声対話、および顔追跡が可能なコンパニオン・ロボットのEmoxを展示しました。Emoxは自律型テレプレゼンス・ソリューションで、Androidアプリを使用して制御できます。 Herta Security(スペイン)は、最新の顔認識システムのデモを行いました。ディープラーニングを使用して、このシステムは驚くほどの正確さで、群衆の中から対象をすばやく識別できます。 Percepto(イスラエル)とStereolabs(米国)は、高度なコンピュータ・ビジョンを自律飛行や3Dマッピングに適用した場合の計り知れない可能性を見せつけました。 Connect Tech Inc.(カナダ)は、クレジットカード・サイズのAstro Carrierボードを発表しました。このオフザシェルフ・ハードウェアを使えば、誰もがJetson TX1を簡単に展開できます。 Auvidea(ドイツ)も、最新のボード、J100 single TX1 carrier liteとJ200 dual TX1 carrierのプレゼンテーションを行いました。どちらも幅広い統合機能を小さなフォーム・ファクターに詰め込み、比類のない展開の柔軟性を実現しています。 Embedded WorldでNVIDIAブースを訪れた人たちは、ディープラーニングや、ニューラル・ネットワーク、コンピュータ・ビジョンについて毎日実施される複数のセッションを見学できました。パートナー企業のキャリア・ボードとモジュールも多数展示され、Jetsonモジュールの統合機能の幅広さを示しました。展示例は次のとおりです。 Abaco Systems: 新しいmCOM10-K1 Avionic Design: Bring-Up KitとK1 Processor Module Calao……この記事の続きを読む

チャットボット

14台のロボットアームに分散自己学習させて人間が数年かけて覚える動作を爆速で経験して身につけさせる恐るべきムービーをGoogleが公開

コンピューターやロボットが自分で学習することで能力を身に付けていくディープラーニングの技術が話題にのぼることが多くなりました、この技術の本当に優れている点の一つには、複数の学習を同時並行で進める分散型の自己学習が可能である点が挙げられます。数々のロボット・AI(人工知能)の研究が行われているGoogleでは、14台のロボットを使った分散型自己学習が行われており、人間よりも速い速度で動作をマスターして行く様子がムービーに収められています。続きを読む……この記事の続きを読む

チャットボット

「コンピューターは愛情学び人間を超える」 発明家の未来予想

怖くなるほど正確な未来予想で知られる米発明家のレイ・カーツワイル氏が、コンピューターは2029年までに愛情や人格を身に着けて、人間並みか、恐らく人間を上回る知能を習得するだろうと予測した。 カーツワイル氏はニューヨークで7日、天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏と人工知能(AI)や未来の技術について対談。「コンピューターが人間並みの知能を身に着けるといっても、論理的知能のことを言ってい……この記事の続きを読む