TAG ドローン

ニュース

DJIの新型ドローン「Phantom4」が人工知能で実現した”革新”とは?

3月3日、六本木ヒルズアリーナで中国のドローンメーカー大手 DJIが主力商品である「Phantom」シリーズの新作「Phantom4」の発表会見を行った。障害物回避やアクティブトラックなどの新機能が搭載され、連続飛行時間も28分と前作の「Phantom3」から5分延びるなど、撮影・飛行機能が圧倒的に向上した。 発表会見にはDJI JAPAN代表取締役の呉稲氏が登壇し、先述した「2つの新機能」を軸にPhantom4がクリエイターの表現力や創造性をかき立てることをアピールした。『Catalyst』編集部も本会見に出席。目玉である「人工知能」搭載によって実現された空撮体験の魅力を、ドロニストの視点でお伝えする。 (※本記事はコンテンツパートナー「Catalyst」からの転載です) DJI社は2006年に中国のシリコンバレーとも呼ばれる深センで設立。2012年に世界初のオールインワン型マルチコプターPhantomをリリースし空撮ブームの火付け役となった。「創作活動をよりシンプルに」というコンセプトのもと、撮影に関する技術を革新。2015年には自社のドローンアプリ「DJI GO」で撮影された空撮写真は7000万枚にもおよんだ。内部のソフトウェア開発にも力をいれており、ドローン業界のパイオニアとしてハードとソフトの両面から革新を起こしている。 ◼︎人工知能搭載で向上した創造性、安全性とは? Phantom4の大きな特徴は撮影機能が圧倒的に向上した点だ。前作のPhantom3にはなかった「アクティブトラック」や「障害物自律的回避機能」が新たに搭載されている。 アクティブトラックは動きのある被写体を自動追尾する機能。iOS/Android対応アプリ「DJI GO」を利用することで被写体をタップのみで追尾することができる。 人工知能の自律学習機能がこれを実現しており、Phantom4は動きのある被写体をカメラの中央におさめるため自律的に動きを判断する。ユーザーは安定した撮影を持続できる。 従来動きのある被写体の撮影はプロでも難しいと言われていたが、呉氏は「Phantom4を使えばユーザーはタップのみでそれが実現できる」と自信を持って新機能を語った。 Phantom4はカメラ自体も改良することで「安定性」も向上した。超軽量で頑丈なマグネシウムコアを使…この記事の続きを読む

VR

来月、シリコンバレーでAI、VR、ロボット工学分野の新興企業が10万ドルをかけて競う

来月、テクノロジ分野で有数の新興企業がしのぎを削り、10万ドルと名誉を手にするチャンスをかけて競います。  NVIDIAは、今年の第8回年次「新興企業サミット」(ECS)の目玉イベントである「Early Stage Challenge」に向けて、世界中から寄せられた100件を超える応募の中から新興企業12社を選定しました。各社ともシード資金で得た額はわずか100万ドルにもかかわらず、すでに自社テクノロジに対する受賞歴を持つ企業がほとんどです。 BriSky Technologyは、コンピューター・ビジョンとディープラーニングによって作業を自律的に行う、全天候型産業用ドローンを開発しています。 Early Stage Challengeでは、各CEOが、最初の4分間にステージでプレゼンテーションを行い、次の4分間に専門家のパネリストから質問を受けます。パネリストのグループには、テクノロジ評論家であるロブ・エンデルレ(Rob Enderle)氏、In-Q-Telの投資パートナーであるジョージ・ホイエム(George Hoyem)氏、NVIDIAのビジネス開発担当バイスプレジデントであるジェフ・ヘルプスト(Jeff Herbst)が含まれます。また、NBC Bay Area TVのキャスター兼テクノロジ担当レポーターであるスコット・マグルー(Scott McGrew)氏が司会を務めます。 最後のプレゼンテーションが終わるとすぐ、パネリストと観客がそれぞれ支持する参加企業に投票し、優勝者にはその場で10万ドルが提供されます。 Early Stage Challengeは、4月6日午後2~5時にサンノゼ・コンベンション・センターで行われます。さらに、GPUテクノロジ・カンファレンスの展示会場では、ECSに参加する革新的な新興企業65社による展示も行われます。 Horus Technologyのウェアラブル・デバイスは、コンピューター・ビジョンと機械学習を利用して、視覚障害を持つ人々を支援しています。 「Early Stage Challenge」の参加企業は次のとおりです(発表順)。 Aerialguard(イスラエル) – ドローンや無人機(UAV)向けに自律状況認識機能を提供し、安全性、帰還性、任務遂行能力を大幅に高めています。 CogniCor(スペ…この記事の続きを読む

ニュース

「アルファ碁」効果で人工知能関連株が活況 次はドローン関連株が再浮上か?

グーグル囲碁AI「アルファ碁」の活躍では、人工知能関連株が活況高となった。いま市場では次の注目セクターとして、ドローン関連銘柄の人気再燃に期待するムードがある。 投稿「アルファ碁」効果で人工知能関連株が活況 次はドローン関連株が再浮上か?はマネーボイスの最初に登場しました。…この記事の続きを読む

IOT

ドローン関連株浮上、ドローン受託生産企業が本日上場、囲碁の人工知能「アルファ碁」連勝で「AI」株が人気化した動きに学ぶ

15日は小型無人飛行体「ドローン」の受託生産も行うユー・エム・シー・エレクトロニクス(UMCエレクトロニクス)<6615>(東1・売買単位100株)が東証1部に直接新規上場となり、「ドローン」関連銘柄の売買人気が再燃するかどうか注目する雰囲気がある。 というのは、前週後半から今週初の14日にかけてロゼッタ<6182>(東マ)やデータセクション<3905>(東マ)などの「AI」(人工知能)関連株が活況高となり、そのキッカケとして、グーグルグループが開発した囲碁の人工知能システ…..この記事の続きを読む